雲水M尾

<写真だより>

 昭和26年7月生。北海道の農業
団体に勤務していたが平成28年
6月でリタイア。林住庵専任雲水に。  
嘗て狸穴主人のHP「蓮華院地蔵堂」
に投稿してきた。当堂閉門にあたり 
狸穴主人に全面支援を仰いでHP
「林住庵 おぢ漫遊記」を立ち上げ、
写真だよりを投稿中。当庵の庵主。
 当面の目標は五木寛之の百寺を
目指し、巡礼して歩くこと。


 狸穴主人

<林住庵文庫>

 昭和23年4月生。
在職時代に四国八十八ヵ所お遍路
をこなし、佛教系大学を通信教育で
修了。かつてHP「蓮華院地蔵堂」
の大伽藍を構築。旧姓二日坊和尚。
蓮華院地蔵堂閉門後は当HPに老境
を迎えた戸惑いを軽妙に綴った
「狸穴雑記」を2012年5月から213
回にわたって連載した作品を記念碑
として下記林住庵文庫に収録。
元蓮華院地蔵堂和尚の
狸穴雑記保存index

 

典座S渕氏
 
 昭和19年6月生。
リタイアに前後してHP「猫族の世界」
を主宰開始。 写真・小説・紀行文・
料理・音楽鑑賞に渡って多彩な異能
ぶりを発揮中。
日本酒と美味しいものを愛する芸術
家肌のおぢ。そのレシピを下記に公開。
おじさんの料理日記 酒の肴編

※「きれいな花の写真」と「私のお気
に入り」を毎週更新中。執筆小説も
収録。
HP猫族の世界へのリンク

悉皆屋・俊
 昭和24年6月生。
広告業界に身を置いていたが退職と
同時に油絵・俳句・町内会ボランティア
と幅広く活動開始。特に油絵では札幌
市民芸術祭で奨励賞を獲得した腕前。
悉皆屋という名前には何でも新しいもの
に張り替える気持ちが込められている。
最近の更新
 庵主のひとりごと

・自分自身のなかで縄文ブームは過去3回あります。第1回は1952年縄文の美の発見者・岡本
 太郎の『縄文土器論』、第2回が1983年の哲学者・梅原猛の『日本の深層』、そして第3回が
 2018年の東京国立博物館での『縄文特別展』と映画『縄文にハマる人々』の公開です。

・混乱する世相の中で日本のアイデンティティ探しが始まった感がします。第3回は女子まで
 巻き込んでいるのが特徴です。
 
                                                 2019.02.23

                                                 
                庵主のひとりごと総合保存INDEX
 保存INDEX(1)〜(12)     2013/01.05〜2018/09.29  新写真だより35〜334
投稿・リンクおぢプロフィール
更新月日:  2019年02月23日

  五木寛之の著作「林住期」に触発されてHP作成を
 思い立ちました。 古代インドでは誕生してから25年
 間を「学生期」次の25年を「家住期」 そして50歳か
 らの25年を「林住期」と称し この間が真の人生の
 収穫期になるということです。
  還暦過ぎたおぢさん方の遊行の姿をお伝えします。
 ちなみにこの後の25年を「遊行期」と言い 合せて
 人生の「四住期」というそうです。

ご案内
352.山本二三の仕事
351.がいなもん〜松浦武四郎一代
        悉皆屋・俊の戯言コンテンツ
        (しっかいや・としのざれごと)
     IndexNo
        10.杭州市の西湖とは
      Index(1)
              庵主のひとりごと保存INDEX
 保存INDEX(13)
    2018/10.06〜2019/02.16

 新写真だより335〜354

ジャンル別索引
@博物館・美術館 

A神社・寺院・教会

B日本の城


C公園・ガーデン

D人物図鑑
354.縄文雪まつり2019A
353.縄文雪まつり2019
雲水M尾の写真だよりコンテンツ 
庵主の折々の写真でつづる見たまま感じたままT
庵主の折々の写真でつづる見たまま感じたままU

      庵主の折々の写真でつづる見たまま感じたままV 
        
       庵主の折々の写真でつづる見たまま感じたままW
      新雲水M尾の写真だより355
    縄文にハマる人々
IndexNo 
Index1
( 1 〜100)
Index2
(101〜200)

Index3
(201〜300)
 Index4
(301〜400)
Index5
(401〜469)